MENU

子供が授業中にじっとしていられない、落ち着きがない原因は多動性障害かも?

子供 授業中 じっとしていられない

子供が授業中にじっとしていられない、落ち着きがない子供がいますが、

それが年齢に不釣り合いなほど酷い場合には、その原因は多動性障害である可能性があります。

 

この様な授業中にじっとしていられない子どもの場合、さらにその他、注意力がなく気が散りやすく、
順番を待つことができなかったり、ルールを守れなかったり、貧乏揺すりが止まらなかったり、
相手の話を聞かず一方的に自分の事ばかり話すといった状況を示すことも多いです。

 

以上のような症状を総合的にADHD(注意欠陥多動性障害)と呼びます。

 

子供 授業中 じっとしていられない

子供であれば、活発であるのはある程度は当然なのですが、

ADHDと診断される場合には、実際の年齢に比較して、発達していない、不釣り合いな印象を与えます。

 

ADHDは発達障害で、自分で感情や行動を制御できず、
社会的な活動や授業中にじっとしていられないなど学校での勉強に支障をきたします。

 

そのため、専門医に受診し、その指示に従います。

 

ADHDで授業中にじっとしていられない子供の接し方として、良く褒めたり、才能を発見したり、
不安を減らしたりできるよう丁寧にコミュニケーションを取ることが必要です。

子供が授業中にじっとしていられない場合の対処法はコドミンを飲ませてみよう

子供が授業中じっとしていられないとか落ち着きがなく席を立ってしまうことがある
といった悩みを抱えている親御さんも多いのではないでしょうか。

 

授業中じっとしていられないと、子供本人も先生に注意されてしまったり、
同じクラスの子供達から反感を買ってしまうこともあったりと、トラブルを招いてしまう事態も起こります。

 

それにより心が傷つけられて、自信をなくしてしまうことも起こります。

 

こういった授業中じっとしていられない問題の対処法の1つが、
コドミンというサプリメントです。

 

子供 授業中 じっとしていられない

 

コドミンには、ホスファチジルセリンという成分が配合されています。

 

ホスファチジルセリンは、集中力や記憶力を高めて、衝動性をコントロールしてくれる成分として注目を集めています。

 

ホスファチジルセリンは大豆に含まれていますが、その量はごくわずかしかありません。
つまり、食事で必要量を摂取するのが難しい栄養素なのです。

 

コドミンにはホスファチジルセリンが、1粒に100rも含有されています。

 

そのため効率的にホスファチジルセリンを摂取することができるので
授業中じっとしていられない子供の対策の効果が期待できます。

 

コドミンは今なら初回89%OFFでさらに60日間返金保証付きキャンペーン
を実施中なのでこの機会に試してみてはいかがでしょうか?

 

子供 授業中 じっとしていられない

 

子供 授業中 じっとしていられない

授業中にじっとしていられない子供に親が家庭でできる対策について

子供 授業中 じっとしていられない

授業中にじっとしていられない子供は、叱られてしまうことが多く、

自分を否定する感情が強くなり、自分は何をしてもだめなんだと思い込む可能性もあります。

 

このような状態に陥らないためにも、親が日ごろから家庭で、対策を行う必要があるでしょう。
まずは一つ目に思いきり体を動かす機会を作るようにしましょう。

 

「授業中じっとしていられない=動き回りたい」というエネルギーに満ち溢れている子供は、
エネルギーを発散させる必要があります。

 

週末に家族そろって遊びに出掛けるなど、体をたくさん動かす機会を作るようにしましょう。

 

そして授業中じっとしていなくてはならない理由を理解させることも大切です。
学校以外でもじっとしていなければならない場はたくさんあります。

 

病院や電車の中など、じっとしていなければならない理由をしっかりと伝えることで、
子供自身がじっとしていようと思うようになるでしょう。

 

またじっとしていられたら、いつまでじっとしていればよいのか、
時間を決めるのもよいでしょう。終わりの時間を決めることでやる気も出てくるでしょう。

じっとしていられない子供が授業中に迷惑をかける具体例

じっとしていられない子供が授業中に迷惑をかける具体例として、
私の子供は友達に話しかけて授業の邪魔をするということをして何度か先生から注意を受けました。

 

なかなか言うことを聞かないので、親にも通達が来て話し合うようにとのことでした。

 

私の子供は授業中なかなかずっと椅子に黙って座っていることが苦痛のようで、
どうしても友達にちょっかいを出してしまうようです。

 

親から子供へは、もし自分が友達の立場になって、
授業を受けたいのに邪魔をされたらどんな気分になるか、

 

嫌な思いにならないかなどを考えさせ、自分勝手にならずに
他人のことも考えて行動するようにと忠告しました。

 

それから、そのような行為をやめるまでお菓子は買ってあげない、
おもちゃは買ってあげないなどの罰を与えることで、少しずつ自覚するようになり、
授業中に先生から注意を受けることが段々なくなってきました。

 

改善が見られたと感じたのは、成績がよくなってきたからです。
授業中じっとしていられない状態だったのが、最近ではちゃんと授業を受けていると感じました。